• トップ /
  • 実践したいプロの予防歯科

歯科で教わるケアの仕方

歯科医院で適切な指導を受けることで自分に合った歯の手入れ方法がわかり、虫歯を予防することができます。ポイントは虫歯の原因菌のひとつであるミュータンス菌などの細菌を増やさないことで、口の中の細菌を抑制することでトラブルを回避することが可能です。細菌の数は就寝中に最も増えやすくなりますが、その理由は口の中を洗い流す作用がある唾液の分泌が少なくなるためです。そのため歯科では就寝前に殺菌剤が配合されたデンタルリンスの使用をすすめていて、合わせて丁寧なブラッシングをするのもポイントです。歯の表面に付着している歯垢は実は細菌の塊で、虫歯だけでなく歯周病や口臭の原因となっています。歯科では特に磨きにくい奥歯や歯の間のブラッシングの仕方を指導していて、こういうところはうがいだけでは取り除きにくいためしっかりとかき出せる歯ブラシ選びがポイントです。口に中で動かしやすい歯ブラシを選び健康な歯茎なら普通の硬さ以上で構いませんが、出血を伴う場合はやわらかめを選びます。歯と歯の間は歯ブラシよりもデンタルフロスのほうが歯垢を落としやすく、より細かく操作ができるロールタイプと初めてでも扱いやすいY字タイプがあります。

↑PAGE TOP

Menu